ご自分の気に入った楽譜をお使いください。

ただし、あるグループと関りを持つのであれば、そのグループで可とされている楽譜を選ぶ必要があります。

コンクール側が使用楽譜を指定しているのであれば、その楽譜を使うしかありません。

ある先生が、エキエル版以外のショパンは認めん、他の楽譜などケシカラン!というのであれば、エキエル版を使うしかありません。

こういったことが好きな人たちが集まるグループの中で演奏するのであれば、自分が演奏しようとしている曲について、最新の研究に基づいた原典版が出版されているかどうかを常にチェックして、出版されていることが判明した場合は、それに基づいた演奏を行わなければ、時流に乗れていない人と判断されます。

あなたがあるグループに所属していて、かつ、どの楽譜を使えばいいのかわからないのであれば、グループ内の他の人に相談してみるというのはいかがでしょうか?

関連記事
先生はピアノの独学をどう思われますか?

10分間お気軽オンラインピアノレッスン

当ブログは以下のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノランキング