両手で弾けない箇所に対して、右手と左手に分けて練習する方法があります。

右手だけ、左手だけをそれぞれ弾けるようにしてから、両手で弾いてみるという練習方法です。

この練習をする時のポイントの一つは、片手で弾いているときも、両手で弾くとどうなるのかをイメージしながら練習するということです。

片手で弾いているときに、今弾いていないもう片方の手はこの時にこんな風に動いている、という具合に、実際に弾いているのは片手だけでも、頭の中では両手で弾いている状態を思い浮かべながら弾きます。

片手だけなら弾けるのに、両手にすると弾けなくなるという場合には、是非、この方法をお試しください。

文章:かとう だいすけ

10分間お気軽オンラインピアノレッスン

当ブログは以下のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノランキング