ショパン作曲エチュード作品10-12、通称「革命のエチュード」を演奏する際のポイントの一つを紹介します。

譜例の音型を弾くときに、赤で囲った16分音符の音をハッキリと弾きます。

また、譜例の音型を弾くときの音の強さですが、ド<レ<ミ<ミ、となるように弾きます。

文章:かとう だいすけ





ピアノランキング

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村