よそはよそ、うちはうち

ピアノを始めてから何年か経つのに、うちの子はまだこんな曲をやっている。
一緒にピアノを始めた、よその子達は、もっと進んでいる。
大丈夫かしら?

ご自身のお子さんがその曲を楽しんで弾いているのだとしたら、そのお子さんにとっては、その曲がもっとも共感できる曲ということになります。
ですから、何も問題はありません。

もしも、ご自身のお子さんを将来職業ピアニストにしたいとお考えで、かつ、このような悩みがあるとしたら、それは、そもそも、通わせるピアノ教室を間違えているのです。
職業ピアニストになるということは、厳しい競争社会を勝ち抜いていくことです。
進んでいるとか遅れているとか、そのような悠長なことを言っている場合ではないのです。
職業ピアニストにとっては、ピアノ歴イコールキャリアとなります。
キャリアを築いていくためには、キャリアを築くためのコミュニティに参加しなければならないのです。

そんな、職業ピアニストなんてとんでもない、うちの子には音楽のある生活をしてほしいだけなんですというのであれば、最初に申し上げた通り、何も問題ありません。
ここで、よその子と比べてどうのこうのとなっては、お子さんは音楽そのものが嫌いになるかもしれません。
そもそも、職業ピアニストにするのではないとしたら、よその子と比べて遅いとか早いとか、そのようなことを考える必要があるのでしょうか。

文章:かとう だいすけ

10分間お気軽オンラインピアノレッスン

当ブログは以下のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノランキング