ツェルニーの練習曲の是非については、以前、当ブログに投稿したハノンはやらなければいけないものなのか?という記事をお読みください。
ツェルニーの練習曲を弾くと決めた場合、是非、楽譜のメトロノーム表示の速度で弾けるようになるまで練習してみてください。
ツェルニーの練習曲を弾く目的が、ピアノの上達、演奏技術の習得であるならば、なおさら、楽譜のメトロノーム表示の速度で弾けるようになるまで練習してみてください。
そして、以前、当ブログに投稿した練習はできるようになってからが本番!という記事にあるように、1回できるようになったら、それでおしまいにしないで、その速度で弾くのが当たり前のことになるまで何回も繰り返してください。

ちなみに、ツェルニー30番の第1番を、楽譜のメトロノーム表示である2分音符イコール100で弾くと、下の動画のようになります。

文章:かとう だいすけ

10分間お気軽オンラインピアノレッスン

当ブログは以下のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノランキング