コンクールの課題で、J.Sバッハの2声のインベンションからどれか一曲弾けとありました。
どれを選べばいいのでしょうか?

2声のインベンション、おすすめベスト3!

1位 5番 変ホ長調
2位 8番 へ長調
3位 10番 ト長調

絶対にやめた方がいい、ワースト3!

1位 6番 ホ長調
2位 9番 へ短調
3位 3番 ニ長調

思い付きで並べたわけではありません。
根拠があります。

ワースト3は、いずれも解釈に議論の余地があります。
審査員の思想信条によっては、例えば4人審査員がいるとして、3人が満点をつけて1人が0点をつける可能性があります。
平均点方式の場合、(100点×3+0)÷4=75となり、審査員4人の平均が78点の人よりも下になります。
このように、解釈に議論の余地があるような曲は、コンクールでテッペンを取りにいくという目的においては、好ましくありません。

ベスト3は、いずれも審査員によって極端に評価が割れる可能性が低い曲です。

個性がどうのこうのとか、音楽性がどうのこうのとか、心をこめればとか、そのようなキレイゴトに惑わされているようでは、テッペンどころか、予備予選すら、オヨビデナイということになってしまいます。
コンクールは競争であり戦いです。
現実としっかりと向き合い、戦略を立てたうえで、戦略にのっとった選曲を行うことが、テッペンへの第一歩です。

皆様のご武運をお祈りします。

10分間お気軽オンラインピアノレッスン

当ブログは以下のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノランキング