グランドピアノでは、ペダルが3本ついている場合は一番左側、2本ついている場合は左側にあるペダルが、弱音ペダルとされています。

このペダルを踏むと、鍵盤が右側にスライドします。

鍵盤が右側にスライドするということは、その先についているハンマーの位置も右側に移動します。

グランドピアノの場合は、ハンマーの位置が移動することによって、それまで3本の弦にハンマーが当たっていたのが、1本の弦だけにハンマーが当たるようになります。

1本の弦だけにハンマーが当たるようになることによって、音が小さくなるという仕組みですが、音が小さくなること以上に、ハンマーと弦の当たる位置が変わることによって、音色そのものに変化が起こります。

楽譜上では、このペダルを踏むことを、ウナ・コルダ(略号 U.C.)と表示します。

アップライトピアノの場合は、メカニズムが異なります。

アップライトピアノの場合、一番左側についているペダルがグランドピアノのウナコルダに相当します。

アップライトピアノの場合は、このペダルを踏むと、ハンマーが弦に近づきます。

ハンマーと弦との距離が短くなることによって、運動の勢いが抑えられて音が小さくなるという仕組みです。

アップライトピアノの真ん中のペダルは、マフラーペダルと言います。

このペダルを踏むと、弦とハンマーの間にフェルトが降りてきて、ハンマーが弦に直接当たらなくなります。

これによって、左側のペダルである弱音ペダルを踏むよりも、さらに音が小さくなります。

マフラーペダルは、踏みっぱなしにしなくても、引っ掛けておくことができるようになっています。

グランドピアノと、アップライトピアノの一番左側のペダルは、演奏中に、響きに変化をつけるために使うペダルです。

アップライトピアノの真ん中のペダルであるマフラーペダルは、隣近所に迷惑にならないようにするために使うペダルと考えてください。

ただし、マフラーペダルを踏むことで起きる音色の変化は、とても面白いので、表現の手段としてこれを使うのは、私はありではないかと考えています。

文章:かとう だいすけ

当ブログは以下のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノランキング