音には、鳴りはじめと、鳴り終わりがあります。

鳴りはじめの部分を担当するのがハンマーだとするならば、鳴り終わりの部分を担当するのがダンパーです。

ダンパーと弦が接触することにより、弦の振動が止まります。

ダンパーと弦が高速で接触するのか、低速で接触するのか、その接触の仕方によって、音の鳴り終わり方が変化します。

文章:かとう だいすけ

2018年12月22日 第6回ピアノ名曲コンサートのお知らせ

10分間お気軽オンラインピアノレッスン

当ブログは以下のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノランキング